このページの本文へ

特集:U/Iターン経験者の対馬ぐらし(vol.11)

Vol.11  島田須苗さん

 

 島田須苗さん 

兵庫県出身
厳原町在住

【プロフィール】

対馬やまねこ歯科 歯科衛生士

兵庫県加古川市→対馬へIターン

 

歯科衛生士として対馬の方を健康にするためにこの島にずっといたい

ーー対馬に移住されるまでのお話を教えてください

私が生まれ育った兵庫県加古川市は都会にも近く便利な街でした。
動物が好きで畜産に興味があり、農業高校に通いましたが、手に職をつけたいと思い歯科衛生士専門学校に通い資格を取得しました。歯科衛生士となった今でも農業や畜産が好きなのは変わらないです。
だから、加古川の歯科医院で働いていたときに長期休暇を利用して兵庫県の洲本市にある畜産農家でお手伝いをさせて頂いていました。洲本市は淡路島にあり自然豊かでのんびりとしたところです。その時に「田舎暮らしっていいなぁ。いつか田舎暮らししたいな。」と思いました。

ーー対馬に移住したきっかけはなんですか?

一般歯科医院で働き休日に色々な歯科のセミナーに行き勉強しているうちに予防歯科に興味を持ちました。予防歯科に力を入れている歯科医院への転職を考えている時に求人サイトでたまたま対馬の歯科衛生士の募集が出ていて、院長先生からのスカウトメールが届きました。院長先生の対馬の人々を健康にしたいという強い想いや考えに深く共感して、この方の下で働きたいと思い、お盆休みを利用して日帰りで対馬へ下見に来ました。実家は加古川の中でも交通の便が悪いところなのですがそれでも日帰りで往復できましたよ(笑)離島と聞くと不便なイメージがありましたが、福岡からの交通の便がすごくよく、便利で驚きました。実際、対馬に来てからセミナー受講のために何度か実家に帰省していますが、それほど大変ではないです。それと島内にはお店がたくさんあって生活しやすそうだなと思いました。

ーー移住してみてどうですか?

とにかく食べ物が美味しい!スーパーに売っているお造りとかお魚がめちゃくちゃ美味しいのには驚きました。先日母が遊びに来たのですが、母もとても喜んでいました。それと、中学生の時に吹奏楽部に入っていてサックスを演奏する事が趣味なのですが対馬にも吹奏楽団があり移住してすぐ入団させて頂きました。演奏会に参加するなど音楽を通して対馬に住む方々との交流ができてすごく楽しいです。

友人は私が対馬に来たことによって対馬へ旅行に行ける!と喜んでいます。明後日から友人が来て島内を案内しつつ、私も観光を楽しもうと思っています。
若者が好きなチェーン店がないのはさみしいと感じています。無印やニトリなどないので、ネットでの通販はお店によって利用できますが、実物が見られないのでそこは不便だなと思います。

あと、お仕事の面は悩むことがありますね。対馬の方々は「予防歯科」という新しいものに対して抵抗があるようで理解していただけないことも多々あります。医療に対する考え方やイメージが遅れているというか・・・。歯が悪くなってから削って詰めて治すという考えの方が多くいるのが悩ましい現状です。当院では離島という人材や資源が少ない特殊な場所だからこそ虫歯や歯周病になってしまった原因を考え再発を防ぐために自らをマネジメントし予防していくことの大切さを伝え続けています。

お刺身

対馬赤牛

特にまだ虫歯などのトラブルのない小さい子供のうちからの予防はとても大切なので、歯科衛生士として今後どんどん対馬で発信して浸透させていきたいですね!お医者さんには怒られるかもしれないけど・・・、すべての人が病院にかからなくて済むような世の中になればいいなと思っています。理解していただけるように普及に貢献したいと思います。

そして、対馬で行っている予防歯科を全国に発信していきたいと思っています。削って詰める歯医者ではなく予防のための歯科医院をもっと増やしたいです!

今度母校で講演するんですよ!こういう機会を増やしていきたいです。そしていずれは歯科衛生士の専門雑誌に載りたい!!

畜産もいつかはやりたいですね。将来的には自宅で牛を飼いたいです(笑)

これから移住される方へ

ーー これから移住を考えてられる方々に何かメッセージをいただけないでしょうか

私は24年間ずっと実家暮らしで今回初めての一人暮らしですが、対馬はとても暮らしやすいです。今の生活を変えるのはとても勇気がいると思いますが、私は地元の友達が移住を応援してくれていて、離れて関係がより深くなったと感じています。

対馬での生活は充実していて毎日楽しいです!

やってみなくちゃ始まらないので、是非一度対馬に来てみてください!

 

(聞き手 元杭睦)

Translate »